えだは

モー神通信のTKです。ほんばんは。

島倉りか ハロショ 千夜一夜イベント

りかちゃんのこれまでの経歴が年表形式で語られたんですけど、小学生までは公園になってる実を食べただの、昆虫バトルだの、近所のビワを盗んで怒られただの男の子みたいなエピソードしか出て来なかったのに、中2の時にお爺ちゃんと従妹と一緒に原宿に行ったらスカウトされまくったというのは、まるで「山で育って自分がどれくらい強いのか全然知らない孫悟空が街に出たら強すぎて無双!」みたいなエピソード。

 

ちなみにその時はプリクラに「スカウト計6回!」と書き込むほどわかりやすく調子に乗ったらしい。でもそれは瞬間的な盛り上がりで、別に芸能の道に興味を持つわけではなく、その後は受験に突入。高校に入ってからもターザンジャンプで川に飛び込んだりまだまだヤンチャ。後に本人に黙って勝手にオーデションに応募したことから考えて、この時の大量スカウトはむしろお母様の方にインパクトを残したのかも。

 

ちなみに合格した高校では『タッチ』の南ちゃんに憧れて野球部のマネージャーに志願するも、既に他に2人の新入生女子が入学以前からマネージャー活動をしていたので断わられたとのこと。 「ズルくないですか!?」 と島倉お嬢様はいたくご立腹。しかしそのまま入部してりかちゃんが「野球部員の彼女」になってたかもしれないと思うと、ヲタクにとってはその女子2人はまさに救いの神。最上級のグッジョブを捧げたい。

 

 

 

■盛りだくさん会

3倍握手は怖い。シングルの握手は事故ってもライフを一つ失うだけの負傷で済むけど、3倍握手での事故はライフ全損、トラックに轢かれる致死レベル。異世界転生して坂道ヲタクになってしまう。

 

一岡&高瀬トランプゲームでは「楊貴妃明智光秀だったら楊貴妃の方が弱そうだねw」なんて言ってたら、最後見事にいっちゃんとのサシ勝負で負ける。その後に入った妻さんも負けて、2人に「夫婦そろってwww」とプゲラされるなど。

 

 

ライフハック

私は印象が薄いお弱いオタクのために何度お会いしても島倉りか様には(見慣れないヲタク来た・・・・・・)という顔をされてしまうので、今後は

「そうか、君にとっては初めましてだったね・・・」

というタイムループものの主人公の気持ちで握手に臨むことにしました。 「タイムループ彼氏ヅラ」という新しいライフハックです。

 

(ただしループした回数だけ ちゃんとお金は減ってる)

 

 

ハロプロ楽曲大賞2019投票

ハロプロ楽曲大賞2019への投票です。

 

楽曲に関しては星部ショウさんのライナーノーツに詳しいのでだいぶ割愛。

 

 

1位:『眼鏡の男の子』

身体表現だの芝居だの、当初の一岡・高瀬・清野プロジェクトの名分だった要素をブッ込んで煮詰めた結果、絶妙のバランスで仕上がったカオスソング。この曲によって「各キャラクターに合わせて見せ場を作る」/「曲を通じて各キャラクターを立たせる」というBEYOOOOONDSの方向性は、決定づけられたんじゃないかな(「全員を生かす」ことに関しては、ハロプログループの中でも、BEYOOOOONDSは今のところ最も成功しているかと)。ともかくトンチキ具合も含めて、グループの大方針をちゃんと体現しているというのはデビュー曲としては理想的なのでは。

 

言ってしまえばコミックソングだし、終盤の「意外な展開」で驚かせているわけで、普通だったら一番飽きやすいジャンルのはずなんだけど、不思議と何度見聴きしても飽きずに楽しめます。『文化祭』、『おスウィング』、『元年』とスピンオフ3曲にCDドラマまで生み出した懐の深さは、配役がハマっているからこそ!

 

 

2位:『Go Waist』

楽曲大賞で初めてカバー曲に投票しました。カバー曲であることを開始1秒で忘れさせるBEYOOOOONDS流魔改造っぷりがひどい(笑) フリがずっとワークアウト、曲中にブートキャンプ、筋肉賛歌、生ピアノで整理体操・・・・・・初めて聴いた時の「俺は一体何を見せられているんだ・・・?」という当惑と、「早く他のヲタに見せてこのポカーンを共有したい・・・!」というゾクゾク感は、「LIVE BEYOOOOOND1St」の感想にも通じます。スケール感を広げるほど不条理さも増す拡張性の高い仕様で、ハロコンで全員曲として披露されたカオス・エクステンデッドVer.ではさらに馬鹿馬鹿しさがエスカレート! いつかアリーナ会場いっぱいのオタクでワークアウトしてこの世の地獄みたいな光景を現出させたい。

 

 

3位:『都営大江戸線六本木駅で抱きしめて』

2期タンポポ恋をしちゃいました』、カントリー・ガールズ『愛おしくってごめんね』を受け継ぐ正統アイドル路線に、一岡さんの「鉄道好き」という要素を悪魔合体。・・・・・・なにゆえ!? 

私にとっては“推し曲”とでも言うべき大好きな一曲。世間的なアイドルへの評価軸がパフォーマンススキルや「アイドルらしからぬ(音楽ジャンル的)挑戦」に偏重するこのご時世に、アイドル本来の価値である可愛さやキラキラ感を押し出した一曲。なのでフリやフォーメーションが複雑過ぎないのも良き。衣装もアイドルど真ん中! 可愛いは正義!

 

 

4位:『元年バンジージャンプ

今までクール路線・ガナリ路線が多かった赤羽橋ファンクに、爽快で明るい路線の新境地を拓いた(比較的 爽快路線のファンク曲『Say !Hello!』(研修生)よりもさらにキーが高い)。イロモノになりがちなセリフや寸劇が入ってもウェルメイド感が少しも損なわれない体幹の強さ。落ちサビの「だって・元年・なんだもん!」の語感と音の跳ね具合のハマり具合が最高に気持ちイイ。

実際「元号」が彼女たちの生活において重要な意味を持つわけではなく、むしろそこにたいした意味はないからこそ、心が軽やかであればどんな些細なことも何かを始める切っ掛けになるのだと伝えてくれる。大仰な気合や覚悟は不要で、むしろ軽率なくらいに「まずは一歩」の精神は、モーニング娘。の『がんばっちゃえ!』に通じます。ポジティブ&ユハッピー!

 

 

5位:『ひとりで生きられそうって、それってねぇ褒めているの?』

Juice=Juiceのヴォーカル能力の高さをこれでもかと見せつける。やはり最初に聴いた時のインパクトには及ばず、ニューボーカルVer.よりはオリジナルで。 曲の構造解説としては小林萌花さんのこちらのblogが詳しい。


 MV部門

『眼鏡の男の子』、『ニッポンノD・N・A!』、『Go Waist』

 

推しメン部門

島倉りか、清野桃々姫、高瀬くるみ・・・懊悩

 

 

『BEYOOOOOND1St』発売記念ミニライブ&握手会 in 昭島

今日は昭島で行われたアルバム『BEYOOOOOND1St』の発売記念イベントに参加してきました。

 

最高のステージ、たわいのないゲームコーナー、初披露曲のワクワク、折り返しの握手列ですれ違い続ける顔見知りヲタク、高速で流される握手、パニクって話せない自分。 すべてが懐かしくて「これこれー!」ってなってましたね。 まさに「俺たちのリリイベが帰って来た!」って感じ。 その懐かしさに誤魔化されて、アルバム曲を1曲しか歌ってないのにうっかり満足しちゃいました。

 

その初披露曲『元年バンジージャンプ』はもともと音源でも大好きな曲だったけど、今日のステージパフォーマンスを見たら好きのメーターが振り切れた! ハッピーが溢れ過ぎてる!

 

そういやね、シングルの怒涛のリリースイベント攻勢が終わって、アルバムの発売が発表された時には結構な数のヲタクが 「もう無理・・・」 「さすがに控えないと・・・」 と病み気味につぶやいてたのでちょっと心配してたんですよ。皆のテンションとか、イベントの集客とか。だけど・・・・・

 

みんな おる。

元気に おる。

 

やはりオタクの「控えよう」は信用できないな(笑)

だって、だって、オタク、なんだもん! 

 

 

■握手会終了後のいっちゃんの最後の挨拶。

「明日も明後日もイベントやってますし、コンサートもありますから、

その、皆さんも、え〜と・・・頑張り時です」

言葉にいろいろ迷ったあげくに一番クリティカルな表現を選んじゃってて、メンバーが一斉にズッコけてたw

 

頑張ります!

 

BEYOOOOONDS公式動画へのリンク集

f:id:tk-mokami:20191027171652j:plain

 「BEYOOOOONDSのあの動画を見返したい。でもどこにあるのかわからない。そんな風に困ったことはありませんか?」 

「そんな時にはこのリンク集。初心者の方にもオススメです」

「BEYOOOOONDS結成前の研修生時代の動画もページ末尾に用意されていますよ」

 
   

●MV

BEYOOOOONDS『眼鏡の男の子』(Promotion Edit)(2019/7/16)

BEYOOOOONDS『ニッポンノD・N・A!』(Promotion Edit)(2019/7/16)

BEYOOOOONDS『Go Waist』(Promotion Edit)(2019/7/16)

BEYOOOOONDS『眼鏡の男の子』Panic Train Edit)(2019/8/14)

BEYOOOOONDS『アツイ!』(MV)(2019/11/15)

BEYOOOOONDS『ビタミンME』(MV)(2020/4/15)

「カラダ、Ready?」BEYOOOOONDS篇 ONEDAY ENERGY BANANA CM(2020/4/15)

 

 

●公式チャンネル

BEYOOOOONDS 第1章 vol.1 (2019/1/04)冬の陣ZIN、グループ名発表

BEYOOOOONDS 第1章 vol.2(2019/1/11)『文化祭』REC、コメント

BEYOOOOONDS 第1章 vol.3(2019/1/18)『文化祭』レッスン、ハロFES

BEYOOOOONDS 第1章 vol.4(2019/1/25)ONLY YOUオーデ最終審査

BEYOOOOONDS 第1章 vol.5(2019/2/01)3人顔合わせ

 

BEYOOOOONDS 第2章 vol.1(2019/11/07)LIVE BEYOOOOOND1St詳細発表

BEYOOOOONDS 第2章 緊急発表SP (2019/11/21)レコ大発表

BEYOOOOONDS 第2章 vol.2(2019/12/03)ピューロランド共演キャラくじ引き

BEYOOOOONDS 第2章 vol.3(2019/12/24)BEYOOOOOND1Stについて

BEYOOOOONDS 第2章 緊急サプライズSP(2020/1/1)アラビヨ男女配役発表

BEYOOOOONDS 第2章 vol.4(2020/1/16)ラジオドラマ収録

BEYOOOOONDS 第2章 vol.5 (2020/3/6)LIVE BEYOOOOOND1Stレッスン

BEYOOOOONDS 第2章 vol.6 (2020/4/25)サンリオピューロランドSP

 

ポップ!ステップ!全音符!!ツアー初日は配信スペシャル!(2020/3/8)

「眼鏡の男の子」寸劇をシャッフル引き映像 (2020/3/31)

Blu-ray & DVD「LIVE BEYOOOOOND1St」ダイジェスト映像(2020/3/13)

高瀬くるみサプライズバースデー(2020/3/16)

【ビヨーンズ】知恵の輪で遊んでみた動画【くるみんBD】(2020/3/18)

『「都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて」アカペラバージョン』(2020/4/13)

『「眼鏡の男の子」アカペラバージョン~前編~』(2020/4/14)

『「眼鏡の男の子」アカペラバージョン~後編~』(2020/4/14)

「ビタミンME」マルチビタミーーーーーーーーンズVer.(2002/5/3)

 

 

 

 

 ●ハロ!ステ

【ハロステ#280】 新グループ基礎レッスン定点観測 (2018/7/25)

【ハロステ】   ハロー!プロジェクト新グループ、グループ名決定のお知らせ (2018/10/18)

【ハロステ♯284】 ひなフェス2019「アツイ!」、MC:浅倉樹々&前田こころ(2019/4/10)

【ハロステ♯288】 メジャーデビューサプライズ発表(2019/5/08)

【ハロステ♯290】 MC:高瀬くるみ&生田衣梨奈(2019/5/22)

【ハロステ♯292】 MC:和田桜子一岡伶奈(2019/6/05)

【ハロステ♯296】  MC:山﨑夢羽&岡村美波(2019/7/03)

【ハロステ♯297】 アイキャッチ江口紗耶島倉りか(2019/7/10)

【ハロステ♯299】  アイキャッチ前田こころ(2019/7/24)

【ハロステ♯300】 夏ハロコン「 ニッポンノD・N・A!」(2019/7/31)

【ハロステ♯301】 三島スカイウォーク、夏ハロコン「Go Waist」(2019/8/07)

【ハロステ♯302】 アイキャッチ西田汐里清野桃々姫小林萌花(2019/8/14)

【ハロステ♯303】 アイキャッチ岡村美波(2019/8/21)

【ハロステ♯306】 アルバム特報、MC:高木紗友希&平井美葉、ハローキッチン高瀬・一岡(2019/9/11)

【ハロステ♯307】 アルバム続報、MC:島倉りか&西田汐里、ハローキッチン(2019/9/18)

 【ハロステ♯309】 アイキャッチ里吉うたの(2019/10/02)

【ハロステ♯313】アイキャッチ岡村美波(2019/10/30)

【ハロステ♯315】MC里吉・小林、アイキャッチ島倉りか、『アツイ!』MV(2019/11/13)

 【ハロステ♯316】 MC清野・江口、アイキャッチ一岡伶奈、(2019/11/20)

【ハロ!ステ#317】 アイキャッチ平井『眼鏡の男の子』LIVE! (2019/11/27)

【ハロ!ステ#318】 アイキャッチ高瀬ハローキッチン一岡・高瀬 (2019/12/04)

 

【ハロ!ステ#319】 アイキャッチ西田ハローキッチン一岡・高瀬 (2019/12/11)

【ハロ!ステ#321】 『元年バンジージャンプ』ライブ映像 (2019/12/25)

【ハロ!ステ#322】 『ハロー!ヒストリー』ライブ映像 一岡高瀬アイキャッチ(2020/1/8)

【ハロ!ステ#323】 小林萌花アイキャッチ(2020/1/15)

【ハロ!ステ#324】 清野桃々姫アイキャッチ(2020/1/22)

【ハロ!ステ#325】 MC一岡・前田、江口アイキャッチ(2020/1/29)

 【ハロ!ステ#326】 MC高瀬・山﨑、『恋愛奉行』ライブ映像(2020/2/05)

 【ハロ!ステ#327】 MC岡村みいみ、島倉りかハロー!キッチン『ニッポンノD・N・A!』ライブ映像(2020/2/12)

 【ハロ!ステ#328】  島倉りかハロー!キッチン(2020/2/19)

 【ハロ!ステ#329】 MC島倉りか、島倉りかハロー!キッチン江口アイキャッチ(2020/2/26)

 【ハロ!ステ#330】 島倉りかハロー!キッチン平井アイキャッチ(2020/3/4)

 【ハロ!ステ#331】 島倉りかハロー!キッチン里吉アイキャッチ(2020/3/11)

 【ハロ!ステ#332】 MC江口紗耶、『恋のおスウィング』LIVE映像岡村アイキャッチ(2020/3/18)

【ハロ!ステ#334】  西田汐里アイキャッチ(2020/4/1)

【ハロ!ステ#335】 西田汐里MC(2020/4/8)

【特別企画 #01】 『We Need a Name』ピアノREC小林萌花アイキャッチ(2020/4/23)

【特別企画 #02】  江口紗耶アイキャッチ里吉アイキャッチ(2020/4/29)

【特別企画 #03】  『ビタミンME』MV撮影風景一岡アイキャッチ(2020/5/6) 

【特別企画 #05】   高瀬MC、前田アイキャッチ(2020/5/20) 

 

 

 ●アプカミ

【アプカミ#139】アイキャッチ小林萌花(2019/5/30)

【アプカミ#140】MC : 井上玲音&西田汐里、アイキャッチ江口紗耶(2019/6/06)

【アプカミ#144】アイキャッチ清野桃々姫(2019/7/04)

【アプカミ#145】 MC : 宮本佳林 一岡伶奈「アツイ!」ベースREC(2019/7/11)

【アプカミ#146】「眼鏡の男の子」MVメイキング(2019/7/18)

【アプカミ#148】「 ニッポンノD・N・A!」MV撮影メイキング(2019/8/01)

【アプカミ#149】「 ニッポンノD・N・A!」REC(2019/8/08)

【アプカミ#150】「眼鏡の男の子」台詞レコーディング、「ニッポンノD・N・A!」ギターレコーディング(2019/8/15)

【アプカミ#151】 MC : 前田こころ 山﨑夢羽、「ニッポンノD・N・A!」振り入れ (2019/8/22)

【アプカミ#152】MC江口紗耶、小林萌花のピアノREC (2019/8/29)

【アプカミ#153】「Go Waist」西田汐里、江口紗耶 ボーカルREC(2019/9/05)

【アプカミ#154】 MC : 一岡伶奈 ・平井美葉、「ニッポンノD・N・A! 」高瀬、島倉 ボーカルREC、(2019/9/12)

【アプカミ#155】「ニッポンノD・N・A!」清野、平井 ボーカルREC(2019/9/19)

【アプカミ#156】 「Go Waist」MVメイキング(2019/9/26)

【アプカミ#158】里吉うたのメイク講座(2019/10/10)

【アプカミ#159】 MC : 高瀬・里吉(2019/10/17)

【アプカミ#160】 舞台『リボーン』読み合わせ(2019/10/24)

【アプカミ#161】舞台『リボーン』稽古(2019/10/31)

【アプカミ#162】 島倉りかアイキャッチ(2019/11/07)

【アプカミ#164】 江口紗耶アイキャッチ(2019/11/21) 

【アプカミ#165】「アツイ!」MV撮影メイキング(2019/11/28) 

【アプカミ#166】 里吉うたのアイキャッチ(2019/12/06) 

【アプカミ#167】 『元年バンジージャンプ』レコーディング(2019/12/13)

【アプカミ#169】 『恋のおスウィング』島倉・岡村REC(2019/12/26)  

 【アプカミ#170】 『きのこたけのこ大戦記』西田・前田REC(2020/1/9)  

【アプカミ#171】 高瀬くるみアイキャッチ (2020/1/16) 

【アプカミ#172】 MC島倉・西田、『We Need a Name』平井里吉レコーディング(2020/1/23) 

 【アプカミ#173】 江口・小林『恋愛奉行』レコーディング、 平井アイキャッチ (2020/1/30) 

 【アプカミ#174】  岡村美波 アイキャッチ (2020/2/6) 

 【アプカミ#176】 MC清野・前田 、小林萌花 ピアノREC(2020/2/20) 

 【アプカミ#177】 島倉りかアイキャッチ(2020/2/27)

 【アプカミ#178】  岡村美波 アイキャッチ (2020/3/5) 

 【アプカミ#179】MC平井、  西田アイキャッチ 『伸びしろ』楽器REC(2020/3/12) 

 【アプカミ#180】   一岡アイキャッチ(2020/3/19) 

 【アプカミ#184】   島倉アイキャッチ(2020/4/16) 

 

tiny tiny

【tiny tiny#66】 ゲスト:一岡伶奈(2019/2/08)

【tiny tiny#73】 ゲスト:高瀬くるみ(2019/3/29)

【tiny tiny#79】 ゲスト:前田こころ(2019/5/10)

【tiny tiny#82】 ゲスト:島倉りか(2019/5/31)

【tiny tiny#84】 ゲスト:山﨑夢羽(2019/6/14)

【tiny tiny#86】 ゲスト:西田汐里(2019/6/28)

【tiny tiny#88】 ゲスト:清野桃々姫(2019/7/12)

【tiny tiny#91】 ゲスト:里吉うたの(2019/8/02)

【tiny tiny#93】 ゲスト:岡村美波(2019/8/16)

【tiny tiny#99】 my tiny trend:江口紗耶(2019/10/24)

【tiny tiny#101】 tiny世界紀行ナレーション:高瀬くるみ(2019/10/11)

 【tiny tiny#103】 my tiny trend:高瀬くるみ(2019/10/25)

 【tiny tiny#110】 tiny世界紀行:前田こころ(2019/12/13)

 【tiny tiny#111】  tiny世界紀行:前田こころ(2019/12/20)

【tiny tiny#114】 ゲスト:平井美葉(2020/1/17)

【tiny tiny#116】 tiny世界紀行:山﨑夢羽(2020/1/31)

【tiny tiny#118】 ゲスト江口紗耶、tiny世界紀行:山﨑夢羽(2020/2/14)

【tiny tiny#124】 tiny世界紀行:西田汐里(2020/3/27)

 

●OMAKE CHANNEL

【OMAKE】新グループメンバー《特技コラボ》ボイパ×殺陣×山手線(2018/8/01)

【OMAKE】山﨑・島倉《自撮りアカペラ》ズキュンLOVE(2018/11/14)

【OMAKE】前田こころ《特技》空手の形を披露!(2018/11/21)

【OMAKE】岡村美波バルーンアートに挑戦!(2018/12/10)

【OMAKE】西田・江口《自撮りアカペラ》世界一HAPPYな女の子(2018/12/25)

【OMAKE】BEYOOOOONDS《オフショット》メンバーカラー発表の瞬間!(2019/1/10)

【OMAKE】小林萌花《ピアノ演奏》シルバーの腕時計(2019/2/22)

【OMAKE】BEYOOOOONDS 不思議の国のアリスたち楽屋レポート(2019/4/22)

【OMAKE】矢島舞美&山﨑夢羽《自撮りアカペラ》嵐を起こすんだ Exciting Fight!(2019/5/23)

【OMAKE】山﨑夢羽《苦手克服企画》猫 with 金澤朋子(2019/7/08)

【OMAKE】岡村美波《苦手克服企画》炭酸飲料 with 前田こころ(2019/7/30)

【OMAKE】《MV鑑賞会》眼鏡の男の子(2019/7/31)

【OMAKE】《MV鑑賞会》ニッポンノD・N・A!(2019/8/02)

 【OMAKE】《MV鑑賞会》Go Waist(2019/8/05)

【OMAKE】一岡&江口《苦手克服企画》苦手野菜を食べる!(2019/8/09)

【OMAKE】ウィークリーチャート1位発表の瞬間!(2019/8/14)

【OMAKE】《三島スカイウォーク》絶叫!ロングジップスライド(2019/9/02)

【OMAKE】《三島スカイウォーク》小動物ふれあい!(2019/9/21)

【OMAKE】《三島スカイウォーク》恐竜アドベンチャー!(2019/9/27)

【OMAKE】《舞台の裏側!》リボーン楽屋レポート(2019/11/19)

【OMAKE】BEYOOOOONDS《MV鑑賞会》アツイ!(2019/11/25)

【OMAKE】岡村美波《自撮りアカペラ》チョコレート魂(2020/2/14)

【OMAKE】ハロ!モバ宣伝会議 ラジオ収録の様子を大公開! (2020/3/16)

 【OMAKE】山﨑夢羽 《自撮りアカペラ》オシャレ!(2020/4/13)

【OMAKE】BEYOOOOONDS《MV鑑賞会》ビタミンME(2020/4/30)

 

 

Twitter 公式アカウント系

「BEYOOOOOND1St」発売記念「ビヨーンズタオル」プレゼントキャンペーン!(2019/10/17) 

「BEYOOOOOND1St」発売記念「ビヨーンズタオル」プレゼント!締め切り迫る(2019/10/30) 

「LIVE BEYOOOOOND1St」告知 (2019/11/1) 

ファーストアルバム「BEYOOOOOND1St」告知(2019/11/7) 

アルバム初回盤BのドラマCDにDJ KOO参加! (2019/11/7) 

東京パラリンピック応援 (2020/2/7)

1st LIVE TOUR 2020~ポップ!ステップ!全音符!!~ ツアーグッズ紹介(2020/3/7)

高輪ゲートウェイ駅開業記念 (2020/3/14)

ひなフェス生配信の告知 (2020/3/20)

「眼鏡の男の子」寸劇をシャッフル引き映像 (2020/3/31)

BEYOOOOONDS LIVE 2020 ポップ!ステップ!全音符!! いらっしゃい中野サンプラザ編オリジナルグッズをビヨーンドショッピング!(2020/5/1)

ビヨーンドショッピング!BEYOOOOONDS写真スペシャル!!(2020/5/22)

 

 

 アップフロントチャンネル

 Hello! Project ひなフェス 2018 ~恒例!ソロ&シャッフルユニット大抽選会!!~(2019/2/09)

Hello! Project ひなフェス 2019 ~1回限りの!ソロ&シャッフルユニット抽選会!~(2019/3/1)

Hello! Project ひなフェス 2020 ~欠席者無しの大抽選会!~(2020/2/21)

 

●デビュー関連

oricon メジャーデビューに感激の涙 全力パフォーマンスを披露(2019/8/06)

oricon 12人全メンバーが リレーで自己紹介!(2019/9/06)

jijicom BEYOOOOONDSがメジャーデビュー (2019/8/06)

MAiDiGiTV ハロプロ令和初のメジャーデビュー!BEYOOOOONDS「自信しかないです!」(2019/8/06)

TOKYO MX ハロプロ初の令和デビューグループBEYOOOOONDS(2019/8/06)

 

【アイドルもういっちょプラス #22】好きなハロプロの先輩は誰?(2019/8/18)

【アイドルもういっちょプラス #23】(2019/8/25)

【アイドルもういっちょプラス #24】「あざとい系女子」現る(2019/9/01)

【アイドルもういっちょプラス #25】 ぶっちゃけトーク(2019/9/08)

 

●『リボーン~13人の魂は神様の夢を見る』関連

演劇女子部「リボーン 」 スポット映像 (2019/10/24)

oricon 『リボーン』ゲネプロ&囲み取材(2019/11/14)

 WWS CHANNEL 『リボーン』出演でゲネプロ公開!(2019/11/14)

MAiDiGiTV 熱演!演劇女子部「リボーン」ゲネプロ&会見(2019/11/14)

 アイドルもういっちょ 囲み取材VTRとウラ話【2019/11/15収録】(2019/11/19)

 

●演劇女子部 公式アカウント

「リボーン〜13人の魂は神様の夢を見る〜 」千秋楽挨拶 (2019/11/24)

『アラビヨーンズナイト』 セグウェイ練習 コメント:西田・平井(2020/2/25)

『アラビヨーンズナイト』 一輪車練習 コメント:一岡・前田(2020/2/25)

『アラビヨーンズナイト』 セグウェイ練習  コメント:里吉・高瀬・岡村(2020/2/25)

『アラビヨーンズナイト』 一輪車練習 コメント:清野・山﨑(2020/2/25)

『アラビヨーンズナイト』 セグウェイ練習  コメント:江口・島倉(2020/2/25)

 

 

●『LIVE BEYOOOOOND1St』関連

FNN.jpプライムオンライン(2019/12/03)

maidigitv(2019/12/03)

JIJIPRESS(2019/12/03)

oricon (2019/12/03)

 

● ハロ通TUBEダイジェスト

【ハロ通TUBEダイジェスト】 一岡・島倉・山﨑・江口の『ワードウルフ』(2019/9/01)

【ハロ通TUBEダイジェスト】 一岡・島倉・山﨑・江口の『スーパーマリオパーティ』(2019/9/01)

【ハロ通TUBEダイジェスト】 一岡・島倉・山﨑・江口の『太鼓の達人』(2019/9/01)

 

一岡伶奈 大井町線90周年記念出発式 関連

oricon  一岡伶奈 大井町線90周年記念出発式 (2019/12/24)

MAiDiGitv  一岡伶奈 大井町線90周年記念出発式 (2019/12/24)

 

スカパー!公式チャンネル

ハロプロ!TOKYO散歩 #1 (2019/9/05)

ハロプロ!TOKYO散歩 #2 (2019/10/17)

ハロプロ!TOKYO散歩 #3 (2019/11/17)

 

 

● UFfanclub、UF Goods Land

DVD『FCイベント2018 ~冬の陣ZIN~』(2019/4/2)

BEYOOOOONDS DVD MAGAZINE Vol.1 CM(2019/4/9)

DVD『ハロプロANNEX~こぶしファクトリー×BEYOOOOONDS=Sweet♪~』(2019/4/26)

DVD『一岡伶奈・高瀬くるみバースデーイベント2019/清野桃々姫バースデーイベント2018』(2019/4/26)

DVD『FCイベント2019 ~晩春の陣ZIN~』(2019/7/1)

DVD『西田汐里・ 前田こころバースデーイベント2019』(2019/8/1)

DVD『江口紗耶・ 小林萌花バースデーイベント2019』(2019/10/3)

DVD『島倉りか・里吉うたのバースデーイベント2019』(2019/11/5)

こぶしファクトリー&BEYOOOOONDS DVDマガジンVol.1 CM(2019/11/11

DVD『山﨑夢羽・岡村美波バースデーイベント2019』(2020/1/6)

【Hello! Project】オフィシャルFCの入会方法、特典内容! (2020/1/21)

DVD『清野桃々姫・平井美葉バースデーイベント2019』 (2020/2/4)

Hello! Project DVD MAGAZINE Vol.66 CM (2020/3/18)

BEYOOOOONDS DVD MAGAZINE Vol.3 CM (2020/4/28)

 

 

 

日本クラウン 演歌・歌謡曲《公式》 アカウント

NHK『うたコン』収録後 (2019/12/04) 

 

Quick Japan《公式》 アカウント

令和2年目の抱負を習字(2019/12/25)

 

 

 

dTVチャンネルハロプロダンス学園予告

ダンスチャンネル オリジナル「ハロプロダンス学園」予告編(2019/2/28)

「ハロプロダンス学園」スピンオフ企画! 「ハロプロダンス学園 課外活動」Vol.1~平井美葉 編~(2019/7/21)

ダンスチャンネル オリジナル「ハロプロダンス学園 シーズン2」予告編(2019/9/20)

 dTVチャンネルハロプロお仕事チャレンジ2

小林・前田・一岡コメント(2020/4/30)

くるみん・みいみコメント(2020/5/1)

お昼休憩中の一コマ(2020/5/2)

桃々姫カメラマンに挑戦(2020/5/3)

みいみくるみんオフショット(2020/5/6)

 

 

●UNIDOL2020

UNIDOLシークレットゲストに登場! (2020/2/13)

UNIDOLイベントでノリノリのパフォーマンス!  (2020/2/14)

BEYOOOOONDSがコピーしてみたいアイドルグループは?(2020/2/14)

「ユニドル」にゲスト登場!圧巻パフォーマンス披露 MiDiGi動画(2020/2/16)

 

●その他 

【緊急特番】BEYOOOOONDS×あっとせぶんてぃーん 対談「スペシャプラスまつりを盛り上げろ!-日常の向こう側へ- YouTube SP」(2019/11/02)

【360度動画】1stアルバムの魅力を語りつくす(2019/11/25)

GYAO「第34回日本ゴールドディスク大賞 『ベスト5ニュー・アーティスト』受賞コメント」(2020/2/26)

Juice=Juice『地団駄ダンス』(Promotion Edit)(2017/4/14)

なかよし編集部・連載告知(2020/5/2)

 

 

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

●デビュー前・研修生紹介

【ハロステ♯214】一岡伶奈

【ハロステ♯218】 高瀬くるみ

【ハロステ♯219】 前田こころ

【ハロステ♯225】 山﨑夢羽

【ハロステ♯226】西田汐里

【ハロステ♯228】島倉りか

【ハロステ♯230】江口紗耶

【ハロステ♯232】岡村美波

 

●デビュー前・研修生時代

【ハロステ♯183】研修生発表会SINGING!「一尺玉」レッスン(2016/8/24)

【ハロステ♯184】研修生発表会SINGING!レッスン(2016/8/31)

 

【ハロステ♯191】演劇女子部「ネガポジポジ」キャスト顔合わせ(2016/10/19)

【ハロステ♯192】演劇女子部「ネガポジポジ」稽古 高瀬・一岡・清野(2016/10/26)

【ハロステ♯211】研修生新メン自己紹介 島倉・江口・岡村、「彼女になりたい!」(2017/3/15)

【ハロステ♯215】地団駄DANCE MVメイキング(2017/4/19)

【アプカミ♯66】 研修生実力診断テスト2017 島倉・江口・山﨑・西田・前田・清野・高瀬・岡村・一岡(2017/5/12)

【アプカミ♯69】 研修生発表会JumpTripper「hello!まっさらな自分」(2017/6/02)

【ハロステ♯222】 研修生実力診断テスト 一岡・高瀬・清野デビュー発表、研修生発表会JumpTripperリハーサル(2017/6/07)

【ハロステ♯223】 研修生発表会JumpTripperレッスン(2017/6/14)

【アプカミ#71】研修生発表会JumpTripper「Crying」(2017/6/15)

ハロ!ステ号外 ~2017新体制決定スペシャル~(2017/6/26)

【ハロ!ステ♯235】研修生発表会リハーサル映像(2017/9/06)

【ハロ!ステ#243】 演劇女子部・僕たち可憐な少年合唱団 稽古(2017/11/01)

【ハロ!ステ#244】演劇女子部・僕たち可憐な少年合唱団 本番(2017/11/08)

【ハロ!ステ#245】 演劇女子部・僕たち可憐な少年合唱団 観客投票発表(2017/11/15)

【ハロ!ステ#246】 研修生発表会Conti→NEW!レッスン1(2017/11/22)

【ハロ!ステ#247】 研修生発表会Conti→NEW!レッスン2(2017/11/29)

【ハロ!ステ#248】 研修生発表会Conti→NEW!リハーサル(2017/12/06)

【ハロ!ステ#251】  研修生発表会公演後インタビュー 山﨑、西田、島倉 (2017/12/27)

 【ハロ!ステ#255】 稲場・一岡・高瀬・清野ダンスレッスン1 (2018/1/31)

【ハロ!ステ#256】稲場・一岡・高瀬・清野ダンスレッスン 2(2018/2/07)

【ハロ!ステ#260】研修生発表会さくら レッスン(2018/3/07)

【ハロ!ステ#261】研修生発表会 LALALA幸せの歌(2018/3/14)

 【ハロ!ステ#264】ひなフェス2018 Mindnight Temptation 稲葉・一岡・高瀬・清野(2018/4/04)

【ハロ!ステ#269】 研修生実力診断テスト 岡村・西田・江口・島倉・前田・山﨑(2018/5/09)

【ハロ!ステ#270】 研修生実力診断テスト レッスン(2018/5/16)

【ハロ!ステ#271】 研修生実力診断テスト リハーサル(2018/5/23)

【ハロ!ステ#274】 研修生発表会にじ 「Rainbow」LIVE (2018/6/13)

【ハロ!ステ#275】 研修生発表会にじ 「43℃」LIVE (2018/6/20)

【ハロ!ステ#277】 研修生発表会にじ 「やっちゃえ!GO!GO1」LIVE (2018/7/04)

 【ハロ!ステ#280】 新グループ基礎レッスン定点観測 (2018/7/25)

 

映画『JOKER』

 

映画『JOKER』は暴動を誘発するなんて前評判でさんざん煽られたわけだけど、全然そんなことはありませんでした。ある意味上手い宣伝だったのかな?

 

映画ではアーサーがJOKERとして<羽化>するために、弱者に厳しい社会状況だけじゃなく、どれほどのパーソナルな悲惨が必要だったか。それをこれでもかと丁寧に描いています。

 

どれほど社会的抑圧を感じていようと、あれほどの悲惨を自分の人生に持ち合わせない我々凡人はせいぜいが彼の背景で車を燃やしているクソザコになるしかありません。そしてこの映画に魅了された観客はJOKERになりたいのであって、クソザコになりたいわけではありませんからね。

 

凡人ではヒーローはおろかヴィランにすらなれないのだと、むしろアーサーとの弱者としての格の違いを見せつけられた気分になりました。彼もまたブルースとは別の意味で選ばれた特別な存在なのです。そう思うと凡人にとっての最大の悲惨は、人生に何もないという虚無と、その空虚な日々が延々と続くことかもしれません。

タンポポ祭りと個人的な物語(後編)

前編はコチラから

 

タンポポの改変からおよそ2年の歳月が過ぎた2004年5月に、2005年の冬のハロコンの最終日をもって圭織がモーニング娘。を卒業することが発表されました。

 

そして卒業を目前に控えた1月8日、八景島シーパラダイス内の特設ハロー!ショップで飯田圭織単独のトーク&握手会が行われました。今と違って娘。メンバーとの握手などハワイツアーに行くか、出演者ランダムの24時間TVの募金ガチャにチャレンジするしかなかった時代です。それはまさに特別な機会でした。

 

以下は当時の日記を短く改変したものです。

 

 

 

短いトークコーナーが終わり、握手の順番はすぐに回ってきました。握手は思っていた以上にゆっくりとした進行で、私が用意していた感謝の言葉が終わってもまだ時間は余っていました。想定外の事態に当惑したその時に、ふと自分がタンポポ祭りをあしらったファンメイドのパーカーを着ていることを思い出したのです。そしてパーカーを指して彼女に言いました。「これタンポポ畑の…」 彼女はその時、パーカーを見て少し驚いたような表情をしました。

 

その時、私の頭の中にはあの日の風景が瞬時に蘇ってきました。あの黄色い光に包まれた横浜アリーナが。そしてあの頃の気持ちが。2年間ずっと目を背けていた感情が噴き出して溢れ返り、 そして次の瞬間、私の口をついて出た言葉は私自身思いもよらぬものでした。

 

 「何もできなくて ゴメン」

 

自分がそんなことを口走るなんて思ってもいませんでした。ユニットの改変について一ファンにできることなんて何もあるわけがないのに。そんなことは誰もがわかってることなのに。そもそも主語も何もなくてちゃんと伝わるかどうかもわからないのに。だけど私の胸から搾り出された言葉はそれでした。 その時圭織が何か言ったのかは覚えていません。ただ「いいのよ」というようなニュアンスの少し困ったような、優しく笑ったような顔で首を横に振ってくれました。

 

その瞬間気づいたんです。この2年半もの間、ずっと自分を責めていたことに。好きな人の大切なものが奪われることに対して何もできなかった。あれほど好きだった人のために何もできなかった。そんな自分の無力さに傷ついていたんです。そしていろんな気持ちに背を向けていたせいで、そんなことにも気づけていなかった。だけど圭織に告解し、自分の傷を自覚し、そして彼女によって「許し」を得られたと感じられたことで、やっと涙を流すことができたのです。

 

自らを憐れむ内容が続き読むに堪えませんが、それでも当時としてはこれが偽らざる心境でした。改変以降、聴くと辛くなるので私はずっとタンポポの曲を聴くことができないでいましたが、この握手の日、会場を出た先の海を見ながら、2年ぶりにアルバム『ALL of TANPOPO』を聴いたことを覚えています。『乙女、パスタに感動』、『恋をしちゃいました!』、そして『I &YOU&I&YOU&I』。昔と変わらぬ輝きがそこにはあり、昔と変わらぬ愛しさがこみ上げてきました。うまく説明できませんが、彼女たちの歌は私が再び向かい合える日が来るのをそこでずっと待っていてくれたのだと感じたのです。彼女たちの歌とともに私は止まっていた時計の針を進め、今という時間軸に至ります。

 

 

>無力で本当にごめんなさい。

 

今回のカントリー・ガールズ休業についてまなかんがblogで綴ったこの言葉。私にまなかんの心情が推測できるとは思いません。ただ、この言葉の響きがあの時の自分の気持ちと重なって、私はたまらない気持ちになったのです。

 

 

これだけは確かです。彼女は何も悪くない。グループを襲う理不尽な「災害」を前に、メンバーにも、スタッフにも、ファンにも、できることなんておそらく何もなかった。だからまなかんの無力感や罪悪感は謂れのないもののはずなんです。だけどあまりに悲しい出来事の前に人はそれに囚われてしまいます。かつての私のように。

 

すぐには無理かもしれませんが、いつの日か、まなかんが愛したものたちが彼女に許しを与え、彼女を癒す日が来ることを、私は願っています。

 

 

タンポポ祭りと個人的な物語(前編)

10月19日のまなかんのblog

 

>無力で本当にごめんなさい。

 

何もできなかったことで自分を責めるまなかんの言葉を見て本当に胸が苦しかった。その不条理な自責の念と圧倒的な無力感に私も覚えがあったから。

 

これは極めて個人的な物語。しかしそれを最近のファンの方に語るにはまず2002年のハロプロ改変について、それがどういう性質のものであったか知ってもらわねばなりません。 

    

    

    

特にここで語りたいのは、私が好きだった女性、飯田圭織 その人です。モーニング娘。のオリジナルメンバーで、強い主役願望を持ちながらも、娘。での活動では常になっちやごっちんの後塵を拝していた彼女。タンポポはそんな彼女が中心に立って輝ける貴重な場所でした。だからこそ彼女のユニットへの想い入れは深かったのです。そう、「命に代えても惜しくない」と公言するほどに。

 

取り繕うのが下手で、その魂がむき出しになっているような人でした。『うたばん』などでタンポポプッチモニよりも人気が下だとイジられた時、本気で傷つき落ち込んだ顔を見せた圭織。加護ちゃんが「ミニモニの方が楽しい」と発言した時に凍り付いた圭織。その姿は時に痛々しく、危いものでした。私はそんなユニット愛ゆえに傷つく彼女を見るのが辛く、ただ彼女たちが歌う歌のように穏やかな日々を願っていました。そしてその願いは最悪の形で裏切られることとなったのです。

 

その発表は2002年の7月31日に行われました。

平家みちよハロプロ卒業。

・後藤、保田が時期をずらしてモーニング娘。から卒業。

・それに伴い、プッチモニには小川、アヤカ(ココナッツ娘)が加入。

タンポポから飯田、矢口、加護が脱退し、新垣・紺野・柴田(メロン記念日)が加入。

・矢口はミニモニ。も卒業してハロプロキッズとユニット(ZYX)結成。代わりに高橋がミニモニ。加入。

 

一度に複数の発表がされたことで攪乱され、一つ一つの意味は見えづらくなくなります。しかし発表内容を個別に注視すればそれぞれの意図は明白。ごっちんはソロ活動に主軸を移し、不採算部門は整理。そしてタンポポなどのユニット改変に関しては、「5期メンバーの露出機会を増やす」および「他グループにも娘。ファンを誘導する」というのが主眼でしょう。当時新メンバーであった5期メンバーの人気は伸び悩んでいたし、今以上にハロプロファンの動向は娘。一極集中型だったので、その意図自体はまっとうなものだと理解できます。しかし、この改変にはユニットの活動に心血を注いだメンバーの気持ちがまったく斟酌されていませんでした。

 

 

この時のことを思い返すと、今でもあの 胸の中を真っ黒に塗り潰されたような感覚に襲われます。

 

プッチモニの改変はまだ「メンバー2人が卒業するから」という言い訳も成立しなくはありません。しかしタンポポに関しては本当に何のエクスキューズもなく、剥き出しの「会社の事情」だけが存在する、無機質な人事異動として発表されたのです。

 

彼女がタンポポとして最後に立つステージも、通常通りのコンサートの1コーナーとして消化されようとしていました。もちろんセレモニーも、特別な演出も、何も用意されたりはしません。本当に彼女のユニットにかける想いなど振り返る価値もないものとして一切斟酌されず、その終幕が事務的に処理されようとしていました。

 

そんな事務所の扱いに対して、「そうじゃない」と抗ったのが、「タンポポ祭り」でした。それは2chのとある名無しの書き込みから始まって、瞬く間にネットに広がり、多くの人が黄色いサイリウムを持ち込み、また有志が会場で配布し、誰もがどこまで実現するのか半信半疑のままでその瞬間を迎えました。そしてタンポポがステージに上がった時、会場は黄色いサイリウムの光で埋め尽くされたのです。今のように色が変わるキンブレなど存在しない時代に、しかも広大な横浜アリーナで。彼女たちの想いには意味があると、自分たちはそれを確かに受け取っていると、ファンが示した瞬間でした。

 

黄色い光で埋め尽くされた会場を見てしばし言葉を失い、そして涙と共に漏れた圭織の言葉は今も忘れることはできません。

 

タンポポがいっぱいだよ…」

 

最近ファンになった方の中には、タンポポ祭りだけを特別視する古参ファンが奇異に映ることもあったかと思います。しかしこの通り、その始まりは事務所の処断に対する反抗であり、blogもSNSも握手会もない時代にファンがメンバー当人に気持ちを伝えるたった一度の機会だったのです。その後に一般化された他のサイリウム祭りは、事務所がお膳立てした卒業セレモニーの流れに沿った半ば公然のもので、それはそれで素晴らしいとは思うのですが、最初のタンポポ祭りとはその成り立ちも、意味も、まったく別のものなのです。

 

 

 

そしてここからは私TK個人の物語です。

 

 

そうして無情な事務所にわずかな反抗を示し、メンバーに受け取った愛を伝えることはできたとしても、「留飲を下げる」などという心情からはほど遠く、失われたものはあまりにも巨大でした。祭りの高揚は刹那。されどタンポポが奪われた日常、タンポポを奪われた圭織を目の当たりにし続ける日々はその後も延々と続いていったのですから。

 

 

純粋で、子供で、それ故に痛々しかった圭織は既に失われていました。主役願望を捨て、リーダーとして後輩たちの後ろで浮かべる彼女の曖昧な笑顔から、どんな心情を読み取ればいいのか。私にはもう彼女が今モーニング娘。にいたいのかどうか、それすらもわからなくなっていたのです。

 

ファンを続けるために最も必要なものは「共感」です。目標を達成した喜び、あるいは失敗した悔しさ、何クソという反骨、ステージの歓喜、それらに感情移入してこそアイドルと共に一喜一憂することができる。それこそファンの本懐です。しかしあれほど豊富だった感情移入材料の供給は止まり、私にとっての、心の色を失っていくような、無限とも思える長い長い時間が過ぎていきました。

 

 

そして圭織の卒業が発表されました。

 

 

(続く)