えだは

モー神通信のTKです。ほんばんは。

カントリー・ガールズの休業について

カントリー・ガールズの活動休止が発表されました。

 

カントリー・ガールズ 活動休止のお知らせ

 

現場のスタッフさんたちのことは概ね信頼しています。しかしハロプロを長く応援していると、何年かおきに災害級の理不尽が訪れることも事実です。そう、理解も納得もできない理不尽さと、事務所内の誰も逆らえなかったのであろう絶対性という点から、まさに「災害」と呼ぶに相応しいもの。恐らくは組織の頂点から強権的に発せられるものなのでしょう。

 

 

私の所感では

・2002年のユニット改変

つんく♂の総合P解任

・クールハロー

・2017年のカントリー・ガールズの解体

などがこの「災害」に当たるでしょうか。経営判断として大鉈を振るうことを一概に否定する気はありません。しかしもっとメンバーの気持ちや物語性に寄り添ったやり方もあるだろうとも思っています。

 

これは当時のblogにも書いているのですが、そもそも2017年の6月に発表されたカントリー・ガールズに関する人事発表が不可思議に思え、その意図が読み取りづらく感じるのは、2つの相反するベクトルがその中に混在しているからだと思っています。一つはカントリー・ガールズを不採算部門として切り捨てるベクトル。もう一つはそれに抗いなんとか救済しようというベクトルです。

 

つまりトップデシジョンで決まったのは「ラインを一つ空けろ=カントリー解体」ということだけ。しかしその理不尽なトップの決定のままに嗣永さん卒業後のカントリーを解体してしまうと、ハロプロの継承物語や幸福感、そしてメンバーの尊厳やスタッフとの信頼関係が決定的に損なわれてしまいます。なので森戸・舟木・梁川の兼任移籍と、山木・小関の「学業優先」という苦しい言い訳などは、「ラインを空ける」という決定事項にギリギリ抵触しない範囲・・・つまりは上への反抗とみなされない範囲で、前述の決定的破局をなんとか回避するための前線スタッフによる軟着陸処理だったと思うのです。

 

既に事業整理を決めたトップになんとか活動の継続をお目こぼししてもらうためには、その業務において組織の人的・資金的リソースを圧迫するわけにはいきません。そうなると活動は、配信シングル、安全なキャパでのイベントなど、かけた経費が確実に回収できる範囲に限定されることとなります、すなわちこれはビジネス的には「先行投資をしない」ということ。芸能的には「プロモーションをしない」ということです。でもやはりそんな業務形態は無理があるんですよ。そんな形態で継続できるのはよほど有名な老舗の和菓子屋か、紅白に出るほどのヒット曲を持った演歌歌手ぐらいのものでしょう。考えてみてください。BEYOOOOONDSの1stシングルの10万ヒットだってあの採算度外視とも言える破格のプロモーション攻勢があったからこそでしょう。あれがいつものアップフロントの渋~い「回収が確実なライン」内に収まるプロモーションだったら、ここまでの成果が出せたと思いますか? 原則として投資的プロモーションなしには顧客の増加は望めないのです。そしてそんな状態では、メンバーがカントリー・ガールズとしての未来へのビジョンを持つことなど到底できなかったことでしょう。

 

また既に他部署に異動させられた元カントリースタッフも、配属先の通常業務をこなしながらなんとか時間を捻出してカントリーの活動業務をこなしてくれていたんだと思います。兼任メンバー自身もそうですね。でもそれもまた無理な話なんです。だって想像してみてください。自分の会社で上の意向でお取り潰しになった部署を現場スタッフの努力だけで存続させている状態を。どう考えても企業として健全ではないし、いつか限界がくるのは明らかでしょう?

 

メンバーたちの心性が前向きであるならなおさら、トップから承認もされない状態で「続けるだけ」では意味がないと悟るのは当然のことです。

 

それが即決ではなく、2年近く経った今というタイミングだったのは、

 

>それでも大好きなグループなので、ここまでメンバー同士支え合いやってきました。

 

この森戸さんの言葉こそが率直な実情であろうと思います。なんとか存続させようとしてくれているスタッフを前に決意になかなか踏み切れなかったという面もあったのかもしれません。あるいは既に十分に傷ついたファンを気遣ったのかも。しかしいずれにせよ無情で厳然たる事実と向き合えば、2017年の時点でグループは終了しているのです。

 

ただ2年間、そうじゃない夢をしばし見ることを彼女たちは望み、同じ夢をファンにも見せてくれていた-- 私はそう思っています。

 

自分の誇りの置き場となるグループに関して、自分が何も決定権を持たない、そしてこんなに理不尽に突然奪われてしまう。そんな経験をした上で彼女たちが真剣に自分の人生について考えれば、自らの意志として卒業を選択することはある意味自然なことです。

 

今回の件で「糞事務所!」という非難の声も散見しました。しかし私はこれまで述べたように、大元の2017年の発表…すなわち「災害」部分はともかく、今回の発表内容に関しては、メンバーの意志を捻じ曲げる何かがあったとは思いません。そしてメンバーに直接関わる事務所の方々はこれまでずっとなんとかグループを存続させようと尽力してくれたのだと思っています。

 

 

ただですね…

 

カントリー・ガールズとしての今後ですが、メンバーを一新し再始動することを考えています。

 

 

これはいけません。恐らくはなんとかグループを存続させようとした善意の延長なんだろうとは思います。スタッフさん自身にも嗣永さんから託されたグループを守ろうという想いがあるのかもしれません。でもよく考えてみてください。どうして2002年の「災害」後に始動した第3期タンポポは1曲リリースしただけで終了してしまったのか。同じく新生プッチモニはどうしてリリースすらできずに活動終了となったのか。 メンバーの気持ちを踏みにじって、ファンとの信頼関係と共同幻想をブチ壊した上で、同じ名前で活動したって無理なんですよ、もう。そこに幸せな夢を幻視することは。それは破壊された夢の残滓でしかないのです。

 

もし再始動するなら、新しくメンバーになる子にとっては謂れのない負の歴史を背負ったマイナスからのスタートとなってしまいます。私はアイドルになろうという子たちの最初の一歩を、そんな風にしてあげたくない。BEYOOOOONDSのデビューに立ち合ってつくづく思いました。デビューを晴れの門出として何のわだかまりなく祝うことがどれだけ楽しいか。どんなグループになるのかとワクワクさせられたいし、喜びを共有したいんですよ。それこそアイドル活動、ファン活動の本懐でしょう。

 

売上の不振、スキャンダル、メンバーの脱退、不本意な改変、そして怪我や病気・・・・・・アイドルを続けていれば胸を裂かれるような辛いことだってたくさんあります。でもだからこそ、デビューくらいは一点の曇りもない慶事として祝ってあげたい。幸せな思い出にしてあげたい。わざわざ不遇なデビューを迎えるアイドルを生み出さないためにも、カントリ-の再始動案は再考されることを願っています。

 

みいみ15thバースデーイベント

みいみ(岡村美波)のバースデーイベントは控えめに言っても最高 of 最高でした!

 

みいみはイベントの間ずっとメンバー同士ではしゃいでる時みたいなハイテンションで、おかしな挙動で動きまくってて子供感丸出しだったし、楽しいって気持ちが溢れてたまに「ウフッ!」って笑い声が漏れるのも最高でした。そしてまたこの日の衣装を着たみいみがキャラクターデザインとして完璧! まさに「可愛い女の子」のイデアって感じでしたね。

 

ライブパートのセットリストも王道ながら秀逸。一部と二部でほとんど演目を変えてきたのも驚きでしたね。みいみの歌唱は、発声の瞬間から適正な音階がパンッと前に出る木琴のような特性。弾む歌声でウキウキ楽しい曲が似合います。今回はその特性を十全に生かしたセットリストで、みいみの歌声を堪能できました。いやほんと、みいみはストレートに歌上手いよね。

 

また松浦亜弥の曲などソロで歌うことを前提としたものはもちろん、本来は複数で割り振って歌うグループソングもほぼフルで踊った上であのブレない歌唱は凄い(最後の曲は文字通り飛び跳ねながら歌ってたからさすがに息切れしてたけど)。みいみはよく目標に「本物のアイドルになる」と言っているじゃないですか。じゃあ、みいみにとっての「本物のアイドル」がどういうものなのか。その答えは今回のステージを見れば明瞭で、「歌って踊る」という、パフォーマンスの正道に尽きます。当たり前ですが、当たり前のことが勝つとか限らない世界です。TVメディアの中では指原さんみたいにバラエティスキルのある人が結局重宝されてますし、接触スキルが人気を左右してしまう時代に、「歌って踊れるアイドル」をまっすぐ目指すみいみがなんて眩しい存在か!

 

 

とにかくみいみの魅力が100%詰まった内容で、今まで入ったバースデーイベントの中でも一番楽しかった! あ、あとこれだけ本人の「楽しい!!!!」という気持ちがストレートに伝わるソロステージは珍しいんじゃないかな。普通はもう少し緊張なり気負いが伝わるものだしね(もしかしたら舞台の稽古で他のメンバーが来られなかったことも奏功したのかもしれませんね。やはり同業者に見られるのは一番プレッシャーだから)。もう、心から楽しそうなみいみスマイルを見ているだけでこっちも幸せな気持ちになりました。みいみ、楽しい時間をありがとう!

 

あと物販もほとんど売り切れてた! みいみ始まったな!

 

 

一部と二部の間に書かれたみいみのblog。いつにも増してハートまみれw 

さらにハート増量!ameblo.jp

 

ハロショ秋葉原・高瀬くるみ千夜一夜イベント

1公演目は『高瀬くるみに50の質問』。

2公演目はこれまでの生涯を振り返る『もっともっと知りたくて高瀬くるみ』。

 

二部の内容で印象的だったのは、幼少時代からの演劇団体での活動が想像以上に充実していたこと。やりたいと願った役を射止め続け、海外遠征まで経験。地元のヒーロー番組にヒロインとして出演。さらには地元のミュージカル/パフォーマンスコンテスト大会では初代チャンピオンに(※)ローカルアイドル「とちおとめ25」での活動もその延長線上にあったわけで、これだけ活躍していれば結構地元では無敵感があったんじゃないかな? でもそこで満足せずにさらなる高みを目指してハロプロ研修生へ。

(※)コンテストでのセーラームーンのコスプレをして『ムーンライト伝説』を歌う姿がモニターで上映されました。今とはかなり異なるミュージカル的な歌唱法が新鮮。このコンテストは観客の投票で順位が決まるもので、高瀬さん本人も「研修生実力診断テストのシステムに近い」とおっしゃってました。

 

ただ栃木時代が順風満帆だっただけに、ハロプロ研修生に入った当初は壁に当たった時期だったのかなとも。同期がいない一人加入、知っていたつもりの上下関係もこれまでとはルールが異なるし、演劇活動で発声や表現力は身についていてもハロで重視されるリズムは入っていない。明言はしていないけど声のニュアンス的に「苦労した時代」ということがうかがえました。そんな中でも努力を重ね、実力診断テストで歌唱賞と得票2位を獲ったりと頭角を現し、いよいよデビューが告知され・・・・・・たところから1年以上以後動きがなく。

 

ただでさえアイドルとしては不利とされるオーバーエイジで加入してるのに、1年以上の塩漬けというは本人としては焦りと不安はいかばかりだったでしょうか。このイベントでは

「あの時のネガティブがあるからこそ、今は何でもポジティブに受け入れられる」

 と明るく語っていましたが、それも今になっては、という話で、先が見えない日々に思い悩む本人を見かねたお父様が芸能活動の継続に反対した気持ちも痛いほどわかります。

 

でもそんな冬の時代を乗り越えて、メジャーデビュー決定後はかつてないスピード感で怒涛の快進撃!  10万枚を売り上げ、オリコン週間1位という成果を見事達成しました。充実した日々を送る娘の姿を見て、お父さんも芸能活動を応援してくれるようになったそうです(これはイベント内ではなく何かのインタビューかMCで語ったこと。そうだよね。お父さんにしたら、賛成も反対も、ひとえに娘の幸せを願えばこそだからね・・・)(父親に感情移入するヲタク)。

 

まとめパートでは20年にして激動の人生を振り返って、

「自分の姿を人に見てもらいながら育ったんだなぁ」

と述懐するくるみん。また「なりたいと願ったものをつかみ取ってきた人生」だとも指摘され、「今後手に入れたいものは?」と聞かれて

「令和を代表するアイドル!」

と最後に頼もしい抱負も語ってくれました。

 

 

ここまで掘り下げて幼少期の話を 聞ける機会はなかなかないですからね。高瀬さんのことをよりディープに知ることができ、一層思い入れを深めることができた楽しいイベントでした。

 

 

 

■ちなみに

ハロショの中に入ると空調のない階段で待たされるので、今後、暑い寒い時期に同様のイベントがあれば、どこか他所で時間を潰してから受付開始時間の直前にハロショに入る方がいいかも。観覧場所への入場は抽選での整理番号順だし。

 

一部の「高瀬くるみへの50の質問」では私の質問も読まれました! こういうので読まれるの初めて! やっぱり嬉しい!

 

 

■当日の高瀬さんのblogです。

ameblo.jp

 #千夜一夜#高瀬くるみ

里吉うたのバースデーイベント

 

里吉うーたんのBDイベめっちゃ良きでしたわ・・・。

 

トークコーナ-では好きなことや近況についてたっぷり語ってくれたし、おもち君への溺愛っぷりも見られたし、ゲームコーナー「BEYOOO研の女」 (爪の写真や筆跡などさまざまな手がかりからメンバーの誰かを当てる)は面白かったし、もちろんダンスは最高にセクシーでカッコ良かった。歌は若干不安定ながらも現状の精一杯を聴かせてくれました。

 

ただ全力で2曲踊った後の『ブラボー!』はさすがに声が出ずに辛そうで、そのまま歌い切れるのか聴いていて不安になるほど。でもあの時ほど会場が「がんばれ!」という気持ちで一体になったことはなかったと思います。そんな空気を感じ取ったのか、歌い切った後のMCでうーたんは

 

「今までだったら心が折れてたような所でも皆さんの応援があったから頑張れた」

 

と涙を滲ませながら感極まった様子でコメント。でもその後は弱気を吹き飛ばすように 「もう苦手だとか言ってられないので!」 とキリッと前を向いて決意を語り、まだ足りない部分への悔しさを滲ませつつも、すごく前向きな気持ちも伝えてくれました。

 

最後には 「明日からも頑張ろうーたん!」 で締め。もううーたんをもっと好きになるしかないイベントでした。

小林萌花バースデーイベント

BEYOOOOONDS小林萌花バースデーイベントは 格調高いピアノリサイタル → 驚異の画力 →納豆伸ばし対決 →一人『Fiesta! Fiesta!』 という感じでした。

 

BEYOOOOONDSの魅力は、「各メンバーが他メンには代え難い魅力を曲中に発揮している」点にあると思っているけど、小林萌花さんは中でもその筆頭でしょう。 ピアノスキルだけでなく、あの独特の雰囲気は、BEYOOOOONDS作品に素晴らしいアクセントとユーモアを常に与えてくれています。

 

私はメンバーがよく使う「~したいなって思います」という表現が得意ではありません。「したいな」っていう気持ちを表す言葉と「思います」で二重に婉曲になり、決意がかなり減退して聞こえますから。 なので今日のほのぴの最後の挨拶で「成長していきたいなって・・・成長していきます!」と言い換えたのはとても頼もしく感じました。

 

そしてほのぴはすると言ったらするのでしょう。 時間と共に増減する不安定な「情熱」なんてものにまかせるのではなく、クラシックの弾き込みやテスト勉強のように、一年間の計画をしっかり立てて。小林萌花、信用できます。

 

不思議と言語化能力の高いメンバーの魅力は言語化しやすく、逆もしかり。 小林萌花さんの魅力は色んな角度で語ることができるけども、島倉りかちゃんの魅力を語るのは難しい。さわやか五郎が語った通り、りかちゃんヲタはただただ「メロメロ」なのである。

SAYUMINGLANDOLL BIRTHDAY LIVE

■『OK!生きまくっちゃえ』

道重さんの『OK!生きまくっちゃえ』のサビの歌詞が好きです。

 

>わかんないけど 私が許すから 許されてね

 

これほど人がアイドルに救われる瞬間を見事に捉えた歌詞はあるだろうか。 そう、貴方と直接の関わりは一切ない。貴方は私のことなんて何も知らなくていい。だけど貴方が貴方らしく可愛く生きているだけで、私たちは許され、この世界は肯定されるのだ。

 

 

■『FANTASYが始まる』

>ガラスの馬車を正面に回して!

 というパートはなぜかいつ聞いてもちょっと泣きそうになるんですよね。

 

お姫様願望を持ち、王子様に幸せにしてもらうことに憧れていた幼い日の自分を愚かだと切り捨て否定するのではなく、主体性を獲得した大人として、その幼い自分をも連れて前に進んで行くんだという意志。 自分を愛し自分を救うその勇敢さこそが世界を切り拓く唯一の武器となる。それを手にした人の美しさが胸を打つ。

ここだけ変えたい『ニッポンノD・N・A!』

 小室サウンド直撃世代としてブチ上がらざるを得ない『ニッポンノD・N・A!』ですが、実は初聴の時から気になってる点が2つだけありました。まずは歌詞の面で、私ならこう変えるというのが以下の歌詞です。

 

DADADADAモンゴロイド D・N・A!

 ↓

心で受け継ぐD・N・A!

 

まず「がんばれニッポン」がテーマなのは大いに結構なんですが、そのニッポンの境界線に「DNA」を採用していることがひっかかります。要は血統主義的にとらえられるんじゃないかという心配ですね。「DNA」という言葉自体は「受け継がれるもの」という比喩的な意味でも使われるので、そこはできるだけフワっとさせておきたいところなのですが、よりによって「モンゴロイド」という生物学的な分類名を出すことでそれがフィジカルな意味だと特定してしまっています。これがちょっとね。なので「心で受け継ぐD・N・A」とかにしておけば、比喩的な意味に留めておけますし、「心なのにDNAて!」というツッコミ所として笑ってもらいやすいかと。

 

「ニッポン」の定義の境界がDNA・血統だと何がまずいかと言うと、外国から帰化して日本人になった人や、ハーフの人に疎外感を与えてしまうから。私はエンタメにおけるポリコレ(political correctness)とは、言葉狩りとか古い何かをあげつらって攻撃するためではなく、できるだけ多くの人にわだかまりなく楽しんでもらうためにあると思っています。いろんな人にBEYOOOOONDSを好きになって欲しいですからね。

 

 

あともう一点、これはもう完全に予算の問題で仕方がないとは思っているのですが、変えたい点の2つ目はMVの展開。間奏明けの最後の盛り上がりの部分は多様な人種・多様な衣装の人が集まる国際会議的な場所にあの会社のみんなと一緒に乗り込んで、周囲を巻き込んでその場の全員で盛り上がる展開にして欲しかったなと。というのも出だしで「生粋の内弁慶」って問題提起しているのに、最終的に日本人(仲間内)だけで盛り上がっているのでは「展開」になってないかなと。見た目も派手になるしええやん?